Latest Posts

その他のつまり

トイレがつまってしまうことについての原因はたくさんあります。基本的には何かがトイレの中でつまってしまうために、水が流れなくなることが多いです。その代表格としてトイレットペーパーがあります。トイレットペーパーは本来水に溶けやすくできているのですが、大量に流してしまうことによってなかなか溶けなくなり、そのままつまってしまうことがあります

トイレットペーパーまた、トイレットペーパー以外のものを流したためにつまることもよくあります。トイレの注意点としてトイレットペーパー以外のものは基本的に流してはいけないのです。たとえばティッシュペーパーぐらいならば溶けると考える方がいるかもしれませんが、実はなかなか溶けません。トイレットペーパーと比較すれば水に溶けにくくなってしまうため、つまってしまう原因となるのです。

意外によくある原因としてトイレットペーパーの芯がつまってしまうこともあります。何かの拍子にトイレの中に入ってしまい、それに気が付かないで水を流してしまうと、芯が中でつまってしまいます。こうなると取り除くのが困難になってしまう可能性があるため気をつけましょう。このようにさまざまな原因によってトイレがつまってしまうため気をつけてトイレを利用しましょう。

◆関連サイト/トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法

節水によるつまり

トイレのつまりの意外な原因の1つとして節水があります。最近はエコが推進されており、たとえばトイレで流す水の量を少なく設定している方も少なくないでしょう。そうすることによって、排水量を減らすことができるため、水道代を節約することができるのです。これは一見すると良いことのように思えるのですが、むやみに節水をするのはおすすめしません。それによってトイレがつまってしまうことがあるからです。

節水トイレでは無駄にたくさんの水が流されているように思っている方がいるかもしれません。しかし、トイレの構造上の問題から、たくさんの水を流さなければしっかりと汚物を流し切ることができないのです。もし水が少なくなってしまうと、配管の途中でつまってしまう可能性があるのです。そのため、ある程度の量の水はどうしても必要となります。

もし節水をしているならば、それによってトイレがつまってしまう可能性があることは知っておきましょう。トイレのつまりを直したいならば、まずは節水について疑ってみるべきです。水の量をもとに戻すことによって、きちんとトイレで水が流れるようになることは多いです。節水をしたいならば、あまり水を少なくしすぎないように注意してください。

つづいてトイレがつまるその他の原因について説明していきます。

トイレのつまりとは

トイレを使っているとつまりが生じてしまうことがあります。トイレのつまりはその家の生活に大きな影響を与えてしまうでしょう。1日に一度もトイレに足を運ばなかったという方はいないはずです。どのような生活スタイルを送っている方であっても、トイレに用事のある方はいるものです。トイレを利用することによって、用を足すことができます。

トイレのつまりはいろいろな原因によって起きてしまいます。基本的には何かがつまることによって、水が流れなくなってしまうのです。トイレというのは水を流すという機能があるからこそ使うことができる場所です。この働きが阻害されてしまうと、トイレを正常に利用できなくなってしまいます。

業者トイレのつまりについてはさまざまな方法によって直すことができます。たとえばトイレのつまりを直すための道具はたくさん販売されています。それらは気軽に買うことができるものとなっています。ホームセンターへ行けば入手できるでしょう。それでも直すことができないならば、業者に頼むという方法もあります。業者がしっかりとトイレのつまりを直してくれるのです。

しかし、トイレのつまりを直してもらったとしても、またいつトイレがつまってしまうのか分かりません。どうしてトイレのつまりが起きてしまうのかその理由を知っておくことは大切でしょう。そこでこちらではトイレのつまりが起きてしまう理由について紹介します。ぜひとも参考にして、トイレのつまりを回避しましょう。

まずは節水が原因よるトイレのつまりについて説明していこうと思います。