節水によるつまり

トイレのつまりの意外な原因の1つとして節水があります。最近はエコが推進されており、たとえばトイレで流す水の量を少なく設定している方も少なくないでしょう。そうすることによって、排水量を減らすことができるため、水道代を節約することができるのです。これは一見すると良いことのように思えるのですが、むやみに節水をするのはおすすめしません。それによってトイレがつまってしまうことがあるからです。

節水トイレでは無駄にたくさんの水が流されているように思っている方がいるかもしれません。しかし、トイレの構造上の問題から、たくさんの水を流さなければしっかりと汚物を流し切ることができないのです。もし水が少なくなってしまうと、配管の途中でつまってしまう可能性があるのです。そのため、ある程度の量の水はどうしても必要となります。

もし節水をしているならば、それによってトイレがつまってしまう可能性があることは知っておきましょう。トイレのつまりを直したいならば、まずは節水について疑ってみるべきです。水の量をもとに戻すことによって、きちんとトイレで水が流れるようになることは多いです。節水をしたいならば、あまり水を少なくしすぎないように注意してください。

つづいてトイレがつまるその他の原因について説明していきます。